鬱や無気力を感じたらアルギニンがおすすめされている理由とは

鬱や無気力を感じたらアルギニンがおすすめされている理由とは

鬱や無気力の原因の1つにホルモンのバランスが乱れていたり、疲労という事があります。
もちろん、それ以外の理由もありますので、気になる時には病院に行くことが良いでしょう。
しかし、鬱や無気力の原因がホルモンバランスの乱れや疲労である場合には、アルギニンにも良い影響があります。

 

無気力に対する効果

アルギニンには成長ホルモンの分泌を活発にするという働きがあるとされています。
睡眠中に成長ホルモンは、細胞が栄養を補給できるように働き、疲労を回復するという役目があります。
つまり、成長ホルモンが不足してしまうと、睡眠をとっていても疲労がなかなか回復しないということになります。
そのため、アルギニンを就寝前に摂取して成長ホルモンの働きを活発化させておくことで、睡眠中の疲労回復を効果的に行なうことができるようになります。
このように無気力がホルモンバランスの乱れによるものである場合には、アルギニンにもある程度の効果はあるでしょう。

 

抑うつ効果

うつ病には多くの要因がありますが、一説には脳の疲労や不安が原因ともされています。
アルギニンは血管を拡張するために必要な一酸化窒素の生成に促進する働きがあり、脳が血管を通して栄養を補給するための肝要な役割を担うことができます。
そして、アルギニンの効果として血圧の低下という働きもありますので、結果として脳への血流が増えることになり、これも脳の疲労に効果的です。
そして、アルギニンはリジンという物質を一緒に摂取することで抑うつ効果や不安の低下という効果があるということも研究によって明らかになってきています。
]

精力系アルギニンサプリメント 成長期サポート系アルギニンサプリメント アルギニン含有量重視サプリメント