アルギニンの摂取量

適切な摂取量

アルギニンの必要な摂取量は年齢や体重などによって個人差があります。
おおよそ1日に2gから9g程度と考えておけば良いでしょう。
目的によっても異なるので良く調べておきましょう。
一般的には成人は「体重に0.08を掛けた値から0.1gを引く」のが良いとされています。
体重が65kgの人は5.1gになります。
より簡単には体重1kgあたり50mgとしても良いでしょう。
60kg前後ならだいたい1日に0.3gというのが摂取量の目安です。

 

目的別の摂取量

アルギニンの必要摂取量は個人差があります。
およそ2gから4g程度で、多くとも9gが成人の1日の摂取量です。
一般的には5gから6gまでに収めると良いとされています。
筋トレが目的なら、たとえばトレーニングを行う30分から1時間ほど前に4g前後を摂取すると良いとされています。
ダイエット目的なら2gから4g程度、高血圧改善を目的とするなら6gと少し多めに摂取しましょう。
男性のED改善は一般的な摂取量と同じく4g程度が良いでしょう。
1日に何回か分けて摂取する方法が推奨されています。

 

適量摂取なら副作用はない

アルギニン摂取は、適量を守っていれば特に副作用の心配はありません。
気をつけたいのは、普段の食事でも充分にアルギニンは摂取できるということです。
たんぱく質を合成する成分なので、肉や魚といった普段の食事に使われる食材に含まれます。
乳製品や大豆などの豆類にも含まれるので、その分を考えたうえでサプリメントを摂るようにしましょう。

 

多量摂取による副作用

アルギニンは普段の食事と、筋トレ前などにサプリメントで補うという程度のものであれば過剰になることはありません。
ただ、アルギニンを多く含むサプリメントを多量に摂取すると、肝臓への負担が高まります。
良く挙げられる副作用が内臓機能の低下です。
胃腸への強い刺激があるので腹痛や下痢などの副作用が出ることがあります。
胃腸が弱い人なら、適量なのに腹痛が出る可能性もあります。
アルギニンはアミノ酸ですが、そのままではアルカリ性の成分です。
胃腸への負担を和らげるには、たとえば酸性のクエン酸などを併用すると良いでしょう。
サプリメント全体に言えることですが、サプリメントはあくまで栄養補助食品です。
普段の食事では充分な量が摂取できないときに、その分を補うのがサプリメントです。
自身の食生活を振り返って、どの程度をサプリメントで補うべきか考えて摂取しましょう。
たくさん摂ればその分効果が出ると安易に考えないようにしましょう。

精力系アルギニンサプリ 成長期サポート系アルギニンサプリ 筋肉系サプリ