日頃の食事からアルギニンを摂取するための食材やメニュー選び

アルギニンを摂取するためには、どのような食品を食べることができるでしょうか?
栄養ドリンクなどでしか摂取できないと思っている方も多いかもしれませんが、日常の食事からでもアルギニンは摂取することもできます。

 

アルギニンを含む食材

アルギニンの摂取の際に、決して欠かすことのできない食材は大豆製品です。
なんと大豆100gあたりに含まれているアルギニンの量は2700mgとされています。
これは植物の中では群を抜いて高い数字になっていますので、子供には大豆食品をたくさん食べさせるのが良いとされている理由が良く理解できます。
アルギニンは肉にも多く含まれています。
特に多いのは、豚ゼラチンで100gあたりに含まれるアルギニンの量は7900mgなので食材の中では一番高い数字になります。
さらにナッツ系の食材の中にもアルギニンは多く含まれていて、クルミ100gには2200mg、ゴマ100gには2700mgものアルギニンが含まれています。

 

アルギニンを摂取できるメニュー

一番おすすめのメニューは高野豆腐です。
乾燥高野豆腐には100gあたり4100mgものアルギニンが含まれています。
但し、高野豆腐は食べる時には水で戻してしまうので、口にするときには若干その配合量は少なくなってしまいます。
同じように湯葉にもたくさんのアルギニンが含まれていて、100gあたりのアルギニンの量は4400mgとされています。
しかしこれは乾燥湯葉に含まれているアルギニンの量になりますので、水で戻した後には、やはり配合量は少なくなってしまいます。
魚介類の中では、海老やマグロに多く含まれていますので、お寿司などのメニューもおすすめになります。

精力系アルギニンサプリメント 成長期サポート系アルギニンサプリメント アルギニン含有量重視サプリメント