アルギニンの効果まとめ

成長ホルモンの合成

アルギニンの効果として最も知られているものが成長ホルモンの合成の促進です。
成長ホルモンはアミノ酸からできており、身体の組織の成長をうながす物質ですので、アルギニンは子どもに対しては骨を伸ばしたり筋肉を強くしたりします。
成長期の子どもでは身長の伸びにつながり、大人では筋肉の疲労回復に役立ちます。
アルギニンは体の中で合成されるアミノ酸ですが、成長中の子どもの体内では合成速度が遅いので、準必須アミノ酸という扱いになっており、積極的に食事から摂取したほうが良いとされています。

 

 

筋トレへの効果

大人は体内でアルギニンを生成できますが、さらに必要量を補うことによって一酸化窒素を多く生産するので、筋肉トレーニングへの効果が高いことでも知られています。
一酸化窒素は血管を拡張して血流を良くします。
これによってパンプアップ促進効果が生まれます。
血流が増えるので、鍛えた部分の筋力が増える効果です。
血管拡張効果によって血流が良くなるということは、赤血球も活性化することにつながります。
その分、酸素の運搬も活発になるので持久力のアップにもつながります。
アルギニンは成長期の10代に最も分泌量が増えて加齢とともに減少していきます。
40歳になると10代の約半分にまで低下します。
筋トレをする40代にとってはアルギニンをサプリメントなどで補うことは欠かせません。

 

 

免疫力の向上

アルギニンはまた、外から侵入する細菌やウィルスへの抵抗力を高める働きがあります。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成します。
一酸化窒素は生成された部位で作用の仕方が違いますが、アルギニンの場合には血管を拡張する作用があります。
心臓内部また周辺の血管内で発生した一酸化窒素は、免疫機構を持つことが分かっています。
この一酸化窒素は細菌やウィルスなどの病原体を直接攻撃する作用があります。
病原体が体内に侵入したとき、マクロファージという物質がその部分に集中して一酸化窒素を生成して病原体を死滅させます。
体内の様々な部分で一酸化窒素は活動していますが、アルギニンを摂取しておくと、免疫機構に回せるだけの一酸化窒素が増えます。
一酸化窒素によって血管が拡張されるので、細くてもろい末端の毛細血管にも充分な血液が行き渡ります。
そのため、末端の冷えが解消されるので、これも病気の予防につながります。

 

脳の疲労回復

アルギニンには筋肉や臓器、脳などの疲労を回復させる効果があります。
たとえば脳疲労は細胞の呼吸や消化などの代謝活動によってアンモニアが発生することが大きな要因のひとつです。
アンモニアは強い毒性があります。
脳などの臓器で発生したアンモニアは、肝臓内の尿素回路で尿素に変換され、腎臓で尿として体外に排出します。
大量にアンモニアが発生して尿素回路で処理しきれないとき、アンモニアは血中に取り込まれて全身をめぐり、結果として身体のだるさや集中力の低下を招きます。
アルギニンは肝臓内の尿素回路の働きを高める作用があります。
尿素回路の働きが活発になるほど処理できるアンモニアの量も増えます。
脳や臓器の疲労の回復はそれだけ早まります。

 

筋肉の疲労回復

筋肉を鍛えるための運動の多くは無酸素運動です。
無酸素運動では、エネルギーを供給するために脂肪を燃焼させるだけでなく、糖質も燃焼させて運動に必要なエネルギーを確保します。
糖質を燃焼させると筋肉には乳酸が生成されます。
乳酸は疲労物質の代表的なもので、たとえば筋トレをすると鍛えた部位がしびれるような疲労を感じますが、これは乳酸が溜まっている証拠です。
溜まった乳酸は回収しないと疲労は蓄積されたままになります。
乳酸を回収するために必要な充分な量の一酸化窒素を送り込むためにアミノ酸が必要です。
このときアルギニンで生成した一酸化窒素が役立ちます。
アルギニンを筋トレの30分から1時間ほど前に摂取しておくと効率良く疲労が回復します。
また、脳の疲労回復と同様に、疲労物質のアンモニアの体外排出を活性化するので、運動で疲労した筋肉の修復にも役立ちます。

 

 

EDの改善

アルギニンにはEDの改善や、通常の男性でも勃起力のアップに役立ちます。
アルギニンは血管を拡張する作用があるため、ペニスに供給される血流が増えます。
勃起は充分な血流があって初めて可能なので、アルギニンは勃起不全にも効果があります。
また、精子の原料であるたんぱく質の合成にもアミノ酸は必要です。
アルギニンを摂取することによって精子の量が増えれば勃起力も高まります。
アルギニンは一酸化窒素の生産を促進するので良い勃起が得られ、良い精子を生産できます。
ただし、病気やケガなどによるEDには効果は期待できないので注意しましょう。
効果を発揮するのは、ペニスの機能には問題はないが、心理的なプレッシャーなどによって充分な勃起が得られない機能性勃起不全です。
勃起改善のための薬やドリンクなどにはアルギニンを配合したものが多くあります。
普段の食事からでも摂取できるので心がけると良いでしょう。

 

精力系アルギニンサプリ 成長期サポート系アルギニンサプリ 筋肉系サプリ