アルギニンを大量に含んでいるマカやクラチャイダムについて

子供の成長に欠かすことのできない必須アミノ酸の一部であるアルギニンは、多くの食品に含まれています。
そのアルギニンが特に多く含まれている植物はマカやクラチャイダムという食品です。
多くのサプリメントや栄養ドリンクには、マカやクラチャイダムという植物が使われています。

 

マカに含まれるアルギニンの量

マカとはペルーが原産であり、標高が3000〜4000mの高地で育つ植物です。
マカは非常に厳しい高所で育つために、その中にはアルギニンだけではなく多くの栄養素が含まれることで知られている植物です。
ペルーでは古くから、身体機能を向上させる効果のある植物として愛用されており、近年では医療の面も研究が進んできています。
マカは植物の中では多くのアルギニンを含むものとして知られ、マカ100gに対して610mgものアルギニンが含まれています。

 

マカよりもアルギニンを含むクラチャイダム

先ほどのマカにも多くのアルギニンが含まれていますが、そのマカを凌ぐのがクラチャイダムという植物です。
クラチャイダムはタイが原産国であり、古代から栄養補給や滋養強壮の植物として親しまれていて、日本では黒ショウガとしても知られています。
時には黒ウコンとも呼ばれることもあります。
マカには100gあたり610mgのアルギニンが含まれていましたが、クラチャイダムには100gあたり1480mgものアルギニンが含まれています。
つまり、2倍以上のアルギニンが含まれていることになります。
そのため、多くのサプリメントでこのクラチャイダムが使われているわけです。

精力系アルギニンサプリ 成長期サポート系アルギニンサプリ 筋肉系サプリ