アルギニン サプリ サプリメント

アルギニンサプリメントを特徴別に比較してみた!

私も精力や疲労回復したいというところでアルギニンに注目しました。
あとはよく男性器のサイズアップに良いということでそういった商品に配合されていますね。
他には成長モルモンの分泌というのもあると言われています。
ただ、アルギニンはアミノ酸の一つでどういった食べ物に入っているのかなどもわかりませんでしたし、食べ物からだと対して摂取できないということも思いました。
そこでサプリメントということろに注目しました。
当サイトではアルギニンについても書いていますが、サプリメントなども比較して紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。

ピックアップ

男性の悩みサポート系

クラチャイダムEXハイパー

クラチャイダムEXハイパーはクラチャイダムを100%粉末を使用しています。
そして、このクラチャイダムは原産国タイから直接買い付けに行き仕入れた高級天然素材ということで品質も期待という感じです。
GMPの認定、HACCP、有機JAS承認を取得で品質管理は徹底されているということで利用しやすいのではないでしょうか。

 

クラチャイダムEXハイパー

 

成長サポート系

ドクターズチョイス HGH-Pro

ドクターズチョイス HGH-Proは成長ホルモン研究で有名な医学博士が開発した商品です。
成長ホルモン分泌促進には4つの要素が必要ということなのですがそのうち3つをカバーしているということなんです。
成分はアルギニンをはじめ6種類のアミノ酸が配合されています。
飲み方はパウダー上で水に溶かして飲むというものです。

 

ドクターズチョイス HGH-Pro

その他

L-アルギニン5000プラス

L-アルギニン5000プラスはアルギニンを豊富含んだ商品です。
アルギニン含有量5000mgというのはトップクラスです。
アルギニンを中和するためにクエン酸を配合、L-アルギニンと相性の良いL-シトルリンなども配合されています。
シトラスオレンジ風味で飲みやすいというのポイントです。

 

L-アルギニン5000プラス

アルギニンに期待する効果

アルギニンは、体内でどのような役割を果たし、どのような食品に多く含むかご存知でしょうか。

 

アルギニンは天然由来のアミノ酸のひとつで、疲労回復に効果のある栄養素です。

 

体内での役割を簡単にまとめると、血管などの機能を正常に保つ役割と言えます。
具体的には、血管を広げて、血液の流れを助けてくれる役割です。
これは、血管を広げる役割を持つ、一酸化窒素をアルギニンが作るために起こります。

 

アルギニンを摂取する事で、血管が正常に機能するため、EDの改善も効果があります。
疲労時の体内にたまりやすいアンモニアを除去する働きもあるため、疲労回復効果にも有用なアミノ酸です。

 

また、血管機能が改善されると、体内に正常に血液が流れる事になり、血行が良くなります。
そのため、結果的に免疫機能を高める事にも繋がります。

 

アルギニンを多く含む食品は高野豆腐、牛乳、大豆、油揚げ、納豆などの大豆製品や鶏肉、マグロ、海老、アーモンドなどにも多く含まれています。
中でも高野豆腐は、100g中に4200mg含まれており、血管機能改善、疲労回復に有用な食品です。

 

血行が良くないとお考えの方、風邪をひきやすく免疫力低下にお悩みの方は、このようなアミノ酸を多く含む食品、サプリメントを摂取する事で、体の内側から健康を改善出来ると覚えておいてください。

アルギニンが豊富に含まれるクラチャイダム

アルギニンが豊富に含まれているものとして今クラチャイダムが注目されているように思います。
クラチャイダム東南アジアに生息する天然のハーブです。
このクラチャイダムにはアルギニンをはじめ様々なアミノ酸が豊富に含まれています。
アルギニンに関してはあのマカの2倍と言われています。
クラチャイダムは精力増強や疲労回復の効果が期待できるとして注目を集めています。
アルギニンを摂取する目的が精力増強や健康のためという方はこちらの精力剤(せいりょくざい)ランキングを参考にしていただければよいと思います。

アルギニンと精力増強の関係

アルギニンは精力増強効果のある健康食品やサプリメントの多くに配合されていますが、これはアルギニンを体内に摂取した際に起こる作用が理由となっています。

 

アルギニンは元々人間の体内で生成することができる物質であるため必須アミノ酸には分類されていませんが、体内では生命活動に欠かすことのできない一酸化窒素を生成する重要な役割を担う物質です。

 

一酸化窒素には血管を拡張し血流を改善する働きのほか、血中の活性酸素を除去する働きがあるため、アルギニンを摂取することで一酸化窒素の量を増加させることにより、体内の血流が大きく関係する勃起不全の改善など、いわゆる精力剤としての効果が発揮される仕組みとなっています。

 

また、アルギニンには精子の数を増加させる効果や精子の運動性を高める効果など、男性側を原因とした不妊の改善効果も報告されており、勃起不全の改善と合わせて性機能の向上にも大きな効果があるといわれています。

 

さらに、アルギニンは性機能だけでなく身体全般の機能を向上させるアンチエイジング効果もあることが解明されており、動脈硬化の予防や高血圧の改善など、老化によって起こりやすくなる様々な病気を予防するといわれています。

アルギニンと美容の関係

すべての女性の関心事、美容によいもの、アルギニンもそのうちのひとつです。
アルギニンは準必須アミノ酸と呼ばれており、脳下垂体で成長ホルモンを分泌するときに必要となる成分で、大豆製品、肉類、魚介類などたんぱく質を多く含む食品にたくさん含まれています。

 

元々体内で生成される成分でもありますが、30才を過ぎると生産量もかなり低下してきます。
そんなアルギニン、一体どんな良い点があるのでしょうか。

 

アルギニンが体内で一酸化窒素を生成する時に、血脈の流れが柔軟になり血流量が高まるので、血管の老化防止につながります。
血管の血流量が高まるということは、肌の表面の血色も良くなるので、肌のくすみを防止にも役立ってくれます。

 

さらに、脂肪分解する酵素のリパーゼを活性化してくれるので、肥満の改善や、メタボリックシンドロームの防止にも効果的で、筋肉を増強しやすくしてくれると言われています。

 

そして、なんといっても女性に一番うれしい効能は、シミやしわの抑制です。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を合成するだけでなく、コラーゲン生成にも関係関与しており、シミやしわの抑制を促してくれるんです。
ただし、アルギニンの一日の摂取目安量は体重の1割ですので、とりすぎに注意しましょう。

アルギニンと健康の関係

アルギニンは、健康に良いさまざまな効果を期待できる成分として知られています。
これはタンパク質を構成するアミノ酸の一種であり、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモンの分泌を促進するという作用を持っています。
そのため組織中のタンパク質合成を促進し、筋肉を増強する効果を期待することができます。

 

また、オルニチン回路の一員として、アンモニアの解毒にも関わっているのですが、この時一部のアルギニンから一酸化窒素が発生します。
一酸化炭素には血管を拡げるという作用があり、これによって血流が改善されることになるため、血流が悪くなることで起きるさまざまな症状にも効果があるということです。

 

さらに、一酸化炭素が多く産生されることにより、免疫細胞の働きを強めることができますし、病気を予防する時に積極的に摂取していきたい成分と言えるでしょう。
最近では、アルギニンのサプリメントなどがたくさん販売されているため、通販サイトなどでチェックしてみるのがオススメです。
この成分は安全性が高いので安心して摂取することができますが、妊娠中や授乳中における長期の摂取については、信頼できる十分なデータがないので避けた方が賢明です。

アルギニンと成長ホルモンの関係

アルギニンは、豆類や肉類などにたくさん含まれていて、日常生活の食事の中でも普通に摂取出来るアミノ酸です。
意識して食事を考えるだけで、摂取することは可能なのです。

 

アルギニンの主な効果は、成長ホルモンの分泌を促し、基礎代謝をあげることです。
成長ホルモンは、成長期の子供たちに特に必要なもので、身長や体重が増え、体が大きくなっていくのは、その正常な作用があるからです。
そして、大人になるにつれて、分泌は減少するようになります。
成長ホルモンというと、大人は関係ないように思いますが、実はとても関係が深いのです。
基礎代謝が落ちることで、カロリー消費ができにくくなり、体重が落ちにくくなったり、太りやすい体になってしまいます。
基礎代謝をあげることは、大人にとってもとても重要なことなのです。
そのために、アルギニンを摂取することをお勧めします。

 

アルギニンは、基礎代謝をあげること以外に、血流の増進など、成人病予防にも効果があるといわれています。
食事で十分に摂取できない場合は、サプリなどを利用するのもよいでしょう。
しかし、ただ単に摂取しても効果は得られません。
自分にあった摂取量などを調べ、適切に摂取することが必要です。

アルギニンが多く含まれている食べ物

美容と健康に、老若男女問わず必要な純必須アミノ酸「アルギニン」。
成長ホルモンの分泌を促したり、疲労回復の手助けをしたり、はたまた血行をよくしてくれ、美肌にも一役買っているなど、体内で大活躍をしています。

 

このアルギニン、子どもは体内では生成できず、大人になっても体内で生成されるようにはなりますが、年齢と共にその生成量は低下していきます。
ですので、アルギニンは食べ物からもしっかりと摂取することを心がけましょう。

 

アルギニンを多く含む食べ物は大豆製品、肉類、魚介類など、主にたんぱく質を多く含む食品です。
落花生、大豆、アーモンドなどは、牛豚鶏などの肉類の2〜3倍前後含まれているので、カロリーも考えるなら豆類を積極的に食べたいところです。過食部100gあたり、落花生はかなり多く、3200mgのアルギニンが含まれています。
一日の摂取目安量は体重の10パーセントほどなので、小腹がすいたときなどにナッツ類を食べるなど、工夫すれば、おやつを食べながら美容や健康維持にもつながるという一石二鳥になります。
また、疲労感がひどい日には、アルギニンが含まれる食べ物を意識的に食べるようにするなど、毎日の健康補助に役立てたいですね。

アルギニンの副作用

人間の体には20種類のアミノ酸が必要ですが、このうち体内で作り出すことができないアミノ酸を必須アミノ酸と言いますが、大人は9種類あり、子どもは一つ増えて10種類となります。
その一つ増えた必須アミノ酸がアルギニンと呼ばれるもので、子どもの成長に欠かせない成分です。

 

このアルギニンというアミノ酸は、尿素回路の中間体で、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も塩基性が高いのが特徴です。
このアルギニンが不足すると、病気に対する抵抗力が弱くなってしまったり、アンモニアの解毒作用があまり機能しなくなったり、傷の治りが遅くなったりするなど、様々な障害が現れます。

 

しかし、過剰に摂取するとカロリーオーバーになってしまい、胃腸や腎臓などにも負担をかけてしまうので注意が必要です。
通常の食生活をしていれば、特に過剰摂取の心配ありませんので、それほど意識する必要はないと思いますが、サプリメントで摂取する場合は、過剰摂取になる可能性があります。

 

サプリメントによるアルギニンの過剰摂取による副作用としては、お腹がゆるくなることがあります。
注意が必要なのは肝機能や腎機能が低下している人で、大量にアルギニンを摂取すると、命に危険が及ぶような重い副作用が現れることもあります。